読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリーゴーランド。

まるっと恋に落ちたから。

譲れないこと。

わたしごと

 

 

 

今日は世間の8割ぐらいの人が興味ないであろう私の話。

 

日頃から「伊野尾くんかっこいい」「伊野尾くん最高にすきだ」「伊野尾くんが大好きだ」「伊野尾くん尊敬だ」とうるさいくらいに、伊野尾くんへの愛を叫んでる私だけど、そんな私にだって、譲れないものはある。

 

伊野尾くんは確かに私の生きる糧だし(重い)、常々私に元気をくれて世間を生き抜く力をくれて感謝しかないんだけど(重い)、そんな私でも伊野尾くんが何よりも大事、というわけにはいかない。

 

大好きだってことは大前提として置いといて。

 

私にだって、生活はあるし、夢だってある。大事な友達、家族がいて、恋愛にだって悩まされる。

 

今だったら、自分が就きたい職種に就職できるように、就活の前準備を頑張らなくちゃいけないし、来年の就活も頑張って生き延びなきゃならない。

 

難しい化学の授業や、実験、プレゼンだってやり遂げなきゃ、卒業できない。

 

でも私はこれらは好きでやってることで、自分で選んできた道。しんどいこともたくさんあるけど、化粧品の業界で働きたいし、そのための知識を蓄えるためにも化学について勉強するのは楽しい。もっと詳しくなりたい、周りとも差をつけたい、と思って日々頑張るのはものすごくしんどいけど、楽しい。

 

そして、私はその生活の中に、伊野尾くんがいる。忙しい中で全部を追っかけていくことは、不可能だし、忙しさゆえバイトも詰めれないから、お金だってない。それでも、伊野尾くんを追っかけたいから雑誌もテレビもチェックする。

 

でも、私はやっぱり化粧品業界で働きたいっていう夢があるから、化粧品は常に新しいものを使って消費者のニーズをおさえておきたいし、流行りだって知っておきたい。実際にどのような商品がいいのか、って肌で体験したいし、ブランドごとのコンセプトなど自分が実感したい。

 

だから、伊野尾くんばっかりにお金をつぎ込めない。そこが私の譲れないこと。

 

私の好きなもの、夢はやっぱり犠牲にできない。たくさんの人を巻き込んで、大学に通って、それでかつ卒業後の進路もわがままを聞いてもらっている。いろんな人達に迷惑をかけた分、裏切れないし、裏切りたくもない。みんな私がしたいことを応援してくれてるから、わがままも聞いてくれてる。

 

でも伊野尾くんも大好きだから。私、欲張りだから。好きなものは全力で好きだし、死ぬほど前向きで負けず嫌いだからやりたいことに対しても中途半端にしたくないから。

 

これからも伊野尾くんに元気もらいつつ、自分のことももっともっと高めていきたいな〜。

伊野尾くん追っかけすぎて私の人生だめになったとか伊野尾くんは絶対嬉しくないだろうし、そんなん私も楽しくない。だから、買えない雑誌があっても、テレビを観る時間がなくなっても、伊野尾くんのことは大好きだし、それを悔やむこともしたくない。

 

今も忙しいけどきっとこれから先半端なく忙しい時もくるんだろうな。でもそうなって、追いつけなくなっても、大好きって気持ちは変わらないから。でも追えなくなったらその時はちょこちょこ情報教えてください。(土下座)

 

全部が全部追えてなくても、大好きって気持ちは変わらないからね。好きなことをしていく上で、伊野尾くんに元気もらえながら生きていくんだろうな〜。

 

文にすることで頭整理されるかなとか思ったけどそうでもなかった。(なんやねん)

面白くもなんともない文すいません。

 

私と同じ状況の人もし居たら、共感しあいましょう。そして忙しい時期も乗り越えましょう。

 

私は、自分が好きなことをして輝いてる時が楽しいし、好きなことをして輝いてる人が大好きだ。(伊野尾くんは未知なる世界すらも楽しいといって輝いてる)人生、一度きり。伊野尾くんに落ちてしまったことも一度きりの人生に一度きり。全部楽しまなくてどーする!!

 

 

 

まあでも、伊野尾くんはファンがどんなポリシーで応援しようが、「そんなの考えてたの?てしょーもない〜」とかって笑いつつも受け入れてくれるんじゃないかな〜。そんな伊野尾くんが好きだって話です。(結局)