読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリーゴーランド。

まるっと恋に落ちたから。

7/17(日)の夜。

伊野尾くんごと

 

 

 

2016年7月17日の夜。といえば。

 

ドラマ「そして、誰もいなくなった」初回放送。

30分拡大で22:00〜23:30で日本テレビ系列で放送されました。(いつもは22:30スタート)

そのドラマに癒しのバーテンダー 日下瑛治役として私の大好きな伊野尾慧くんがでています。

 

そんな私は絶賛日下さんロスなうです。

 

 

伊野尾くんがバーテンダー役やるぞー!連ドラ出演だぞー!藤原竜也主演のドラマだぞー!日下瑛治役だぞー!という情報が解禁されたのは、5/27(金)。約2ヶ月前。

 

 

「え???え????ちょっと待って????」

 

 

って感じでした。朝起きたら「伊野尾慧 バーテンダー」の世界が広がっていたんです。

こんな幸せな目覚めありますか。

 

 

それから情報を小出しにされてきましたね。

 

 

 

バーテンダー役の伊野尾慧さんに直撃!なインタビューで「マドラーを回す手つきが難しい」と言いそれをエアでやって、とてつもなくえろかったり。

 

日下さんのお家には可愛い鍋があったり。

 

日下さんはアパート住みだったり。

 

ちょい役なのかと思いきや藤原竜也玉山鉄二の次に名前が書かれたり。

 

藤原竜也玉山鉄二と伊野尾くんの対談という夢みたいな世界がテレビ誌で実現されたり。

 

癒しのバーテンダーだって言われてきてたのにいきなり予告で「全員容疑者」って言われてまさかの日下さんも容疑者だったり。

 

オフショットで猫みたいな可愛い姿見せられたり。

 

公式グッズが日下さんのバー『KING』に激しく寄っていたり。

 

伊野尾くんが雨の中ズタボロの藤原竜也を拾って伊野尾くんの家できつく抱いてたり。(語弊)

 

 

 

これだけの情報を植え付けられ、備えた上で迎えた「そして、誰もいなくなった」初回放送。

 

お風呂に入った清い体で観ました。(どうでもいい)

 

 

藤原竜也×サスペンス という状況は日本人にとって期待以外の何者でもないと私は思っているので、それだけの期待がかかってる作品に私まで緊張していました。

 

JUMP担はもちろん観るのだろうけど、それ以上に一般視聴者もたくさんいるのだろうな、と思っていたから。

 

藤原竜也に加え主要キャスト陣が、玉山鉄二黒木瞳二階堂ふみ…ベテランから演技力を評価されている若手まで豪華に出揃っているこのドラマは前振りからしてもみんなが気になるだろうな、と。

 

 

22時にスタートした時「始まった…いや待って待ってやっぱまだ待って心の準備出来てない!!!」ってなりながらも藤原竜也の演技は見入るものがあり、作品に虜にされていました。

 

そしてオープニング。

とてつもなくかっこいいオープニングに目を奪われました。

伊野尾くんは少し微笑んでいました。かっこいいことこの上なかったです。

そしてあのオープニングで伊野尾くんが出てきた時の震えは忘れれない。

本当に…でるんだ…って実感がわいてきて、もうすでに感動。大好きな人がこんな素敵なキャスト陣に肩を並べて出演してる…とても感動しました。

 

 

 

同じHey!Say!JUMPのグループのメンバーである中島裕翔くん主演のドラマ「HOPE」も初回放送で30分拡大だったため、30分間伊野尾くんのドラマと被ってしまったのですが、まるでそれを見計らっていたかのように日下さんは30分間姿を見せませんでした。

 

 

そして日下さん初登場シーン。

藤原竜也玉山鉄二が日下さんのバー『KING』でご飯のシーン。

 

日下さん初セリフ

「いらっしゃいませ!」

自担のいらっしゃいませって幸せでしかなかった。そしてこの時「きたーーー!」ってなってる私のTL。幸せでした。

 

そして藤原竜也玉山鉄二が喋っている後ろでお酒を作っている伊野尾くん。

これも全部習ったんだな…て思うと感動と胸熱でたまらなかったです。

 

そして日下さんのバーでは日下さんがお客さんに合わせたカクテルを作ってくれるのですが、記念すべき第1話では、

 

「夜明け」

 

 

こんなバー…どこにあるんですか。

私も日下さんにカクテルを作ってもらいたい。

 

私も今までバーに行ったことはあるし、お酒を作る側をしたこともあるけど、今までバーテンダーをしたことがない伊野尾くんのお酒を作る動作はとても自然で。でも難しい所もあるって言っていたから、相当練習したんだろうなあ。本当にかっこいい。

 

日下さんは、優しい笑顔で藤原竜也演じる藤堂新一につけ込むんだけど、どこか怪しさを持っていて。

 

その怪しさを垣間見せる時にまたやられて。

 

優しさを見せてくる日下さんは可愛くて癒されて、でも怪しさを垣間見せる日下さんは見入るほど美しくて怖さも兼ね揃えていて。

 

こんな二面性がある役を演じている自担は最高にかっこよくて。

 

 

そして日下さんには親がいないという闇もあり。どんだけオタクの夢叶えてくれるんだ…。

 

バーテンダー役、物語の黒幕の可能性あり、っていう時点で夢叶えまくりだ…と思っていたけど、それに加えて闇持ちときた…

 

オタクが伊野尾くんにやって欲しかった役すぎる。

 

 

この回では、ひどいことを言うお客さんに「もう酔っ払ってるんですかー」という日下さんがすごく伊野尾くんで、きゅんとなりました。

 

伊野尾くんの柔らかい雰囲気がこの役を作る上で全部いい方向にでているな、と思いました。

 

 

全て見終わった後には、実感が湧くようで湧かないそんな気分でした。

 

毎週日下さんに会えるんだなあ、と思うと嬉しいし、何より新しい環境で頑張って吸収してまた成長していく自担を追っていけることが幸せでたまらない。

 

 

数日経った今でも思い出して日下さんロスに陥ってしまっているので、毎週会えるのがありがたい。

 

 

作品としてもとても面白いものだし、原作がないため結末を誰も知らないため視聴者が出演者一人一人を見逃さないように観ているドラマに出させてもらっている伊野尾くん。

 

きっとこれから先もこの作品に出たことは、役者としての芸能活動においてもアイドル業においても、記録にしっかりと残るのだろうし、それだけ刺激にもなっているんだろうな。

 

ここでどれだけ頑張れるかもこれからの演技のお仕事にもきっと繋がっていくんだろうな。

 

でも、いつだって自分に与えられたものを自然体で最大限にこなし自分のものにする伊野尾くん。

 

全てを器用にこなす天才肌ではないから緊張だってするしミスだってする。でも、それでも、今の自分に出来る最大限のことをしてくる。そして出来ないことを吸収してさらに成長してくる。

 

全てを器用にこなすわけではないけど、どんな状況でも臆せず、振る舞える伊野尾くん。

 

そんな中緊張が伝わっていた時にはどうしようもなくときめく。完璧な人間なんかいないんだよって言ってくれてるような気がして。いかなる状況でも素晴らしい振る舞いを見せている人でも、緊張しているんだよ、その中で頑張っているんだよって。

 

そんな伊野尾くんが垣間見えた時に胸を打たれる。どうしようもなく好きが溢れる。

 

この作品でも毎回毎回胸を打たれるんだろうな。

 

伊野尾くんのことは大好きで尊敬しててっていう気持ちを抱いているけど、伊野尾くんを応援していたら、同時に自分も頑張ろうって気持ちになれる。

 

伊野尾くんも頑張ってるんだな、私も頑張ろうってなれる。

 

この夏、レギュラー番組、雑誌の取材、ツアーと大忙しの伊野尾くんだけど、どうか、身体には気をつけて、うまく息抜きの時間をとりながら自然体の伊野尾くんで頑張って欲しいな。

 

 

伊野尾くんにとって素敵な経験になるであろうドラマに伊野尾くんが出会えたことが幸せ。

 

仕事を"楽しい"といってこなす伊野尾くんを応援することがとても楽しいし、幸せ。

 

これからも伊野尾くんがワクワクするような体験をたくさんできますように。

 

 

ドラマ、第2話も楽しみ!!

 

観てない人はぜひぜひ!!見て欲しいです!

読んでくれてありがとうございました。