メリーゴーランド。

まるっと恋に落ちたから。

Hey!Say!JUMP × KG

 

 

私の大好きなKGの曲とHey!Say!JUMPのメンバーでシチュエーションを考えてみました。

 

KG聴いたことないって人もぜひ聴いてみてください~!

 

 

 

 

 

君に言えなかった想い with May J. × 有岡大貴

www.youtube.com

“あの時僕が君に言えなかった想いは 今もこの胸に抱えたまま まぶた閉じれば今もまだ 浮かぶ君の笑顔にすがる I'm still in love with you”

“他愛もないメール送りあったね くだらない話で笑いあったね いつから泣いてた?すれ違ってた?声聞きたくて仕方ないよ My heart”

 

 

自他共に認める仲良しカップルだった私たち。

毎日バカしあって、笑いあって、過ごしてた。

学生時代を共に過ごして、社会人になった。

社会人になって、お互い慣れない新しい環境に戸惑い、すれ違う日々が続いた。

喧嘩も、増えた。

ただ何も考えずに、バカ言い合って笑いあってたあの日々とは違って、二人のときに素直になれない私。

どんな時もあなたはいつだって私を責めるようなことは言わなかった。

 

でも、このままだったら、お互いのために良くない、と言ってあなたは別れ話を切り出したよね。

私のことは嫌いになったわけじゃない、でも自分といると私のためにならない、とあなたは言ったよね。

あの時の私は、どうすればいいか、なにもわからなくて、ただ、頷いた。

 

 

でもね、あなたのいない日々になってから、気づいたんだよ。遅いよね。

あなたのいない日々は輝きがなくて、目を閉じたら浮かぶあなたの屈託のない笑顔。

声が聞きたい、話を聞いてほしい、「大丈夫だよ、お前なら大丈夫だ」って言ってほしい。

とてつもなく不安に襲われた時に浮かぶのはあなたの顔。

 

でももう、あなたは隣にいなくて、あなたは私じゃない別の女の人の隣で笑ってる。

 

もうあの日から1年経つけど、あなたにあの時言えなかった想いは今も私の中にあるんだよ。

 

 

 

 

 

いとしすぎて with Tiara × 伊野尾慧

www.youtube.com

“なんでもない言葉で笑う君の姿が 胸に焼きつくよ”

“君と交わす言葉 君と過ごす時間 全ていとしすぎて 宝物だよ 一緒にはなれないと 分かってたはずなのに 君を求めてるよ だから never ever let you go”

 

 

彼氏に浮気をされた。

もう知らないあんな奴。

そのタイミングで丁度誘われた合コン。

その合コンで、あなたと出会った。

その場で一番かっこよくて女の子たちはみんな見惚れてたんだけど、あなたは興味も示さなかった。

初めて行った合コンだったけど、なんの楽しさもなかったし、ぼーっとしてたら浮気された悲しさがやってきて無性に虚しくなった。

二次会には行かずに帰宅していた私。

すると、横からあなたは声をかけてきたよね。

「帰るの?」

君ずっとつまんなさそうだったよね、とへらへら笑いながら言ってくる。ーーうるさい。

無視して帰ろうとした私の腕を掴んだあなた。

「二軒目、いこ?」

捨てられた子犬みたいな目をして言ってくるから、暇だから行くんだ、と自分に言い聞かせてあなたに連れられて二軒目に行った。

元々お酒に強くない私は、一次会でだいぶしんどかった。だけど、むしゃくしゃしてたのもあって、どんどんお酒に手が伸びていった。

 

気づいた時には、知らないベットの上。服は着ていない。一瞬頭が真っ白になったが、自分が過ちを犯してしまったんだな、ということと、昨日の余韻が残っている。

嫌でもわかった。

 

部屋にあなたの姿はない。

机の上には、あなたの電話番号。

誰が電話するか、と思いながらも紙をしっかりポケットにしまった。

あなたのくしゃっとなる笑顔が頭にこびりついて忘れられなかった。

 

そこからあなたと私の繋がりは所詮身体だけだった。

知っている情報は、電話番号だけ。

 

昼下がりに待ち合わせをして、適当にご飯を済まして、部屋に向かう。

ご飯をしている時、朝ごはんを私が用意している時、憂さ晴らしだと行ってバッティングセンターに行った時、あなたはいつだってくだらないことを言って、私のそんなに面白くない言葉にすらへらへらと笑っている。

もう、と思いながらも、その空気感が私には心地いいものになっていた。

 

 

 

ーーーあ、好きだ。

 

気づいてしまった。

 

細い一本の頼りない糸で繋がってる関係の私たち。

今、この想いを口にすればこの関係は壊れてしまう。

私は、あなたが綺麗な女の人と腕を組んで歩いてることも、その人が彼女だってことも、全部全部気づいてる。

この感情に気づいた今、あなたと距離を置くことが最善なのは分かってる。

 

でも、抑えることができない。

私は、あなたを求めているんだ。

 

 

 

 

 誰よりも with 菅原紗由理 × 八乙女光

www.youtube.com

“寂しいから泣いたんじゃない 何気ない一言が 心の奥深く響く 優しさが溢れ出したよ”

“永遠なんてないと そう感じていたけれど 他の誰かじゃダメだよ 君じゃなきゃダメだよ”

 

どこかに恋愛に冷めていて、でも人一倍寂しがりやな私。

 

付き合って1年経つ私と光くん。

私を恋愛に対して冷めさせた原因の5年前に別れた元カレからいきなり連絡が来た。

なんてことない文だったけど、当時を思い起こさすには十分すぎた。

しばらくどこか上の空で過ごしてしまう日々が続いた。

そんな私を見た光くんは、なにも聞かなかった。でも、ずっとずっとそばにいてくれた。

そんなある日、熱を出してしまった。

 

「何か…あったの?俺じゃ、頼りない?今背負ってる辛いこと全部一緒に、背負わせてよ。抱え込まないで。何があっても、そばにいるから。何も不安にならなくていいから。」

 

…私は何をしていたんだろう。

今、私のことを一番に思って私のことを考えて言葉をかけてくれてる、ずっとそばについていてくれてる、こんなに優しい人が隣にいるのに。

なにも不安になることはなかったんだ。

元カレは、もう過去の話なんだ。

今、目の前にいる人を信じなきゃ。

こんなに温かい言葉をくれるなんて。

嬉しさと優しさを感じて、涙が溢れた。

えっ?!と言って慌てる光くん。そんな光くんの姿に少し微笑んでしまう。

違うよ、嬉しかったの。

あなたと出会えたことが嬉しい。

こんなにも優しくて温かいあなたに出会えたことが嬉しい。

永遠、信じてみたい。あなたじゃなきゃ、嫌だな。

 

 

 

 

今も胸の奥で with KAORI × 高木雄也

www.youtube.com

“肩寄せ合って 眺めた星が照らす 優しく微笑んだ 君の横顔が 今も胸の奥で輝いてるから 離しかけた 手を握り返した”

“どうしてこんな風になってしまったんだろう 愛しあっていたはずなのに 頬をつたう涙 もう心を動かさないけど 君のそばにいるから また”

 

 

 

 

ロマンチストなあなた。

 

友達に話したら「なにそれくさーい」って言われるんだけど、私はいつものあなたと肩を並べて星を見る時間が大好きで。

 

言葉がなくても、綺麗な星の下にいると繋がってるように感じる。

 

今日も、いつもと同じように2人でベンチに並んで星を見ていた。

 

「あのね?聞いて。」

聞いてって言ってきたくせにあなたの視線は星のまま。

「俺は、お前のこと、ぜーーーったい離さないって誓うから。ずーーーっと一緒にいるって誓うから。お前が俺の言葉信じれるかわかんないけど、俺はこの星に誓えるよ。」

また友達に話したらバカにされそうだけど、私にはこうやって口にしてくれるあなたが大好きでたまらない。

相変わらずあなたの視線は星のままだけど、月に照らされてるあなたの横顔は、とても穏やかで優しくて。

 

「信じないわけないでしょ。」

強がりでこんな言葉しか吐けなかった。

 

でも、ふっと笑ったあなたは世界一かっこよくて、「じゃ、誓いのちゅー」と言ってキスをしてくるあなたには一生誰も敵わない。

 

 

 

…あの日はもう戻ってこないのかな。

 

 

 

 

 

 

叶わない恋でも with 滴草由美  × 山田涼介

www.youtube.com

“叶わない恋でも それでも好きだから たった一言だけでいい 君の声聞きたいよ 強がる笑顔には 気づいてくれないで 小さな光でもいい 信じてみたいよ…”

“他の誰かを想いながら そんな瞳で私を見つめないで やさしいほど 切なくなるから”

 

 

 

あなたとは叶わない恋だって、気づいてた。

わかってた。

….わかってるつもりだった。

 

学校1のイケメンと謳われるあなた。

そんなあなたと地味な私が付き合うなんて夢のまた夢の話だしみんなそんなこと1%も想像していない。

1mmの可能性だってない。

 

放課後、日直の日誌を書いていた私。

そこに、部活の荷物を忘れて取りにきた山田くん。

「あれっ?まだいるの?」

「あ…日誌で…」

「へぇー。偉いじゃん。」

私には眩しすぎる笑顔だった。

 

それから、私の存在を認識した山田くんは、挨拶などしてくれる。

山田くんの周りの友達は当然はてなマークを浮かべている。

私は、勘違いしそうだった。

「(違う違う…みんなにしてるんだ…)」

 

でも山田くんと話していると、好きが溢れてどうしようもなくなって涙が出そうになる。

私は、それを堪えるのに必死だ。

でも山田くんはそんな私の表情にも気づく。

声をかけたらいけないのかな、と思っているのだろう、声はかけてこないけど、目は心配の眼差しだ。

 

やめて…そんな目向けないで…

 

 

私は、気づいている。

ーー山田くんに彼女がいることを。

 

最初からわかってたんだよ。

私なんかと山田くんが付き合うなんてありえない話だって。

彼女も学年1の美人だって言われてる子だった。

私なんかとは真反対で、キラキラしてる子だった。

そんな彼女からしても彼氏が他の女の子と喋るなんて良くは思わないだろうな。

 

でも、声が聞きたい、喋りたい、笑顔を向けて欲しい。

 

 

叶わない恋だなんて、とうの昔からわかってるんだよ。

 

 

 

 

 

どんなに離れてても with AZU × 薮宏太

www.youtube.com

 “『大丈夫』と 電話の向こう 本当はただの強がりだけど 不安にさせたくない君の気持ち 気づいてるよ”

“会えない時間 二人 近づけるのならば この胸 締め付ける 苦しみ取り除いて このまま いつまでも 時間を止められたら あなたと寄り添って ぬくもり感じてたい”

 

遠距離恋愛している私とあなた。 

 

私は遠距離なんか本当は耐えられなくて、実はめちゃめちゃ寂しい。

だけど、遠く離れた地で頑張ってるあなたの負担になんてなりたくないから、強がることしかできない。

 

『寂しい?』「…寂しくないよ。…そっちは、楽しい?」『楽しいよ。そっちは?』「…楽しいよ。」

 

本当は寂しいし、あなたがそばにいない生活なんて楽しくない。

でも、悟られたくないから、強がることしかできない。

 

そんなある日、夜10時にインターフォンが鳴った。

こんな時間に、なんだろう?

「はーい」『宅急便でーす』

何か頼んだっけ…?少し強がりながらロックをかけたままドアを開けるとそこには、

 

「…きちゃった!」

と深く被っていた帽子のツバを少し上げて笑うあなた。

 

思わず涙が溢れた。

 

「お前なー、寂しいなら寂しいって言うんだぞ?」

あなたには、やっぱり気づかれてたか。

「俺に、お前のことでわからないことなんてあると思う?」

大好きだ。大好きなあなたが、今、目の前にいる。

 

目の前が涙で溢れた。

そのまま私はあなたに抱きついた。

 

 

 

 

 

With You 〜君といつまでも〜 feat.May J. × 岡本圭人

www.youtube.com

“確かめ合った 会えない夜の長電話 言葉だけじゃ不安だって泣いた私を ただ強く強く抱いてくれた 君と ずっと ずっと 永遠に”

“僕の心の奥の どんな不安さえも 取り除いてくれる”

 

あなたはとてもかっこよくて、みんなに優しくて、みんなに愛されてる。

そんなあなたが私と付き合っていることに、私なんかより、、私なんか、、っていつもネガティヴな考えばっか浮かんでしまう。

 

夜、一緒にテレビを見ていた。何気ない日常なのに、いきなり涙が溢れてきた。当然あなたは心配の顔を向けてくる。

 

「どうしたの?」

 

「ごめん…本当ごめん…いきなりなんだって話なんだけど不安なの…私のこと本当に好きなのか、私よりもいい人いるんじゃないのって不安になっちゃうの……」

ああ、言ってしまった。こんないきなりめんどくさいこと言う女、嫌われたも同然だよ。

 

でも

「不安にさせてごめんね?今までも、ずっとそんな想いさせてしまっていたのかな?ごめんね…。なにか、誤解させるような態度とってしまったかな?俺もこれから気をつけるから。なにも迷惑だなんてことないから、これからもたくさん思ったこと言ってね?溜め込まないで。」

と言って抱きしめてくれたあなた。

 

どんなにどんなに不安に押しつぶされて疑ってしまってもあなたはいつだって優しく受け止めてくれる。

 

言葉を選びながら、私がまた不安になることのないように、話してくれるあなた。そんなあなたは本当に優しさが底をつかないし、どんな時も助けてくれる。

 

私の周りの友達も大事にしてくれて、いつも最上級の優しさを私にくれる。

 

そんなあなたと永遠に一緒にいたい。

 

 

 

 

 

今もこれからも × 知念侑李

www.youtube.com

 “何度も何度も 僕の名前を呼ぶあなたは 迷子のようで 一人にしないで 泣きそうな顔で 僕に抱きつく”

どんなにどんなに 傷ついて落ち込んでたって あなたを想えばすぐに 心が解けてく 優しさに包まれていくようで”

 

日曜日の昼下がり。

年下のあなたと、ソファーに隣に座って映画を観ていた。

あなたは、子犬のように可愛くて、人一倍寂しがりや。

 

 

私は飲み物を持ってこようと立ち上がって冷蔵庫に向かった。

帰ってきたら、少し不貞腐れた顔のあなた。

すると私にいきなり抱きついてきた。

 

「…ねえ、僕のこと捨てないって約束して?」

といって私の顔を見上げてくる。

心なしか目が潤んでるような気がした。

 

 

冷蔵庫に行ってただけだよ、とか、ちょっとの時間じゃん、とか色々あるけど、あなたの迷子の子犬のような顔を前じゃなにも出てこない。

 

「…捨てるわけなんかないじゃん。」

私があなたの存在にどれだけ助けられて、癒されてると思ってるの?

真っ赤になる顔を押さえながらそう言うしか出来なかった。確信犯だよ。

 

しばらく胸のドキドキはおさらなかった。

 

 

 

 

もっと愛したかった × 中島裕翔

 

www.youtube.com

 “キミがそばにいればそれで 他に何もいらなかった 言葉じゃなく感じて欲しい そう思ってた 身勝手だった”

“「今日仕事何時に終わる?」君からのメール 気付けば いつしか後回しで 悲しませてたのかな”

“キミの手が離れていく キミの笑顔が滲んでいく 思い出なんていらない 許されずとも ずっと一緒にいたい キミのこと忘れないよ これから先も忘れないよ 前向かなきゃダメだと分かってるけど もっと愛したかった”

 

 

仕事で初めて大事な企画を任された。

その日から私の毎日は目まぐるしく動いてて忙しくて。

 

あなたのことを、いつの間にか後回しにしていた。

出会った頃から、あなたのことが好きだという気持ちは何一つ変わってなかったのに。

 

でも心のどこかで、今の私は忙しいから、分かって、って思ってた。

言葉にしなくても、雰囲気から分かって、って思ってた。

 

あまりにも会えない日が続いた。

そして大仕事のラストの日、あなたから私へメールが来ていた。

 

 

『今日仕事何時に終わりそう?打ち上げも兼ねてご飯でも行こうか。』

 

 

私は、大きなプロジェクトが終わった達成感とその場で同期にご飯に誘われたこともあり、携帯も見ないままお店に向かってしまった。

 

結局、私がそのメールに気付いたのは2日後だった。

 

急いで返したけど、あなたからの返信はない。

その時にやっと気付けた。

 

あなたは、いつだって企画の最中は私への連絡を控えていた。

私からの連絡がないことにも何も言わなかった。

それなのに私は、空いた時間にすら連絡をしなかった。

あなたからの、タイミングを見計らったメールさえも返さなかった。

 

なんてひどいことをしてしまったんだろう。

あなたが実は寂しがりやだってこと、誰よりも気付いていたはずなのに。

あなたは外見からも大人びているように見られるけど、本当は誰よりも寂しがりやだって知っていたのに。

 

繊細なあなたを無神経に傷つけてしまった。

 

あなたのこと、大好きだった。ううん、今も大好きだ。

でもあなたには、私よりももっと似合う人がいるんだろうな。

明日も仕事なんだから、切り替えなきゃ。

 

でも、涙が止まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番外編

 

君と夏フェス/SHISHAMO × ずっこけ

www.youtube.com

“まだ照れ臭いあいつとフェスに行く約束をしたはいいけど あまりノってたら引かれそう 控えめに楽しむって決めたんだ”

“ずいぶん前の方に 来ちゃってたみたい さっきまで2人がいた場所、もう違う景色 あぁ、私やっちゃった…本気だったのに…うつむく私の隣に君が 

私の目を見つめる君 時間が止まってるみたい 少し笑って君はゆう「新しい君が見れたから 今日はほんとに来てよかった」照れ笑いの奥見えちゃいそうで 私は焦って目を逸らした”

 

 

@有岡大貴

 

「楽しそうじゃん」

とニヤッとしたあとに

「俺も楽しい」

って少年のような笑顔を見せるあなた。

 

私の腕を引いて、

「こっちからだともっと前いけんぞ!」

と言うあなた。

 

あなたに掴まれた腕から体が熱くなっていく。

ああ、来てよかった。

 

 

@八乙女光

 

「え?お前これ好きなの?俺もスッゲー好き!このバンドのベースがさ!超いいのよ!え!わかる?!」

興奮気味なあなた。

 

私まだ一言しか喋ってないんだけど、あなたの楽しそうに喋る顔見てたら満腹気分になっちゃった。

 

次のフェスはいつ行こう?

あなたの好きなバンドもっと教えて欲しいな。

 

 

@伊野尾慧

 

「あっちー」

って言ってるから、きっとこうゆう場所嫌いなんだろうな、無理して来てくれたんだなって思ってた。なのに私は夢中になっちゃって…って後悔していた。

 

でもあなたは

「かわいいじゃん」

って言って微笑むんだから。

「次のお目当は何なの?」

って付き合ってくれるんだから。

 

あなたの優しいところ、改めて知れて良かった。

 

 

 

 

 

 

伊野尾くんだけ、彼氏じゃなかったから出会いから全部書いたら長くなってしまった…!

 

KGの曲は、風景が浮かぶような恋愛の曲が多くて。

いつも聴きながら自分の状況にあてはまったりして切なくなったり、涙したりしています。

 

加えて、ジャニーズに振られたい願望のある私だけど、Hey!Say!JUMPのメンバーでシチュエーションを考えたら幸せな風景も割と浮かびました。(5人には失恋してるけど)

 

私が一番好きだったのは、薮くんです。

強がってる私に気付いててさらっとサプライズしてくれちゃう。

でもどこかそのサプライズ、抜けてそうだな~なんて。

帰りのバス予約し忘れちゃった、みたいな。

 

まとめるとHey!Say!JUMP素材良すぎな。

私がリアルに失恋して一番聞いていた曲は国民の彼氏枠の有岡くんに捧げました。

そして切なくなりました。←

 

いつかロック×ジャニーズっていう無限大にシチュエーションが浮かびそうな夢が広がるものもしたいなあ。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。