メリーゴーランド。

まるっと恋に落ちたから。

いのひかが絡む2016年夏。

 

 

 

 

日頃から、私がいのひか厨であることは知られていると思うのですが*1、いのひか厨にとって2016年夏には絶対的に一定数のいのひか絡みの供給が約束されています。なぜ約束されているのかというと、Hey!Say!JUMP恒例の*2アルバムに収録されるユニット曲の1つがいのひかだからなのです。そうです、私得ですありがとうございます。人生のピークがここで来ちゃった感じですかね。っていうくらいに舞い上がりました。

 

大好きでたまらないいのひかが2人だけの曲を…2人のプロデュースで…たまらないです。幸せの絶頂です。そして、そのいのひかユニットについていのひかが様々な媒体で話していることも大好きでたまらないので、今回はユニットが決まったJUMQからまとめてみました。ただのいのひか厨の備忘録です。

 

(きっと抜けあります、温かい目で見守ってください)

 

 

 

 

5/11発売『真剣SUNSHINE』初回限定版2に収録されてあるJUMQ

 

このJUMQでユニットが決まりました。

 

各チームに分かれるために自分の引いたボールの色の机に移動する際

いの「うわ〜ちょっと待って!俺大ちゃんと一緒絶対やなんだけど〜!!ちょっと待ってよ!俺大ちゃんと一緒絶対やなんだけど〜!!」

光くん伊野尾くんの机へ移動

いの「あぁ、おまえ、おまえ?w」

ひか「えぇ〜!?いのちゃん!」

 

大ちゃんとなりたい欲強すぎか。

光くんの移動しづらさ半端ねえ。

とりあえず私得でしかないいのひかユニットの決定でございます!!!!!!

 

チームになった感想

いの「はい、こちらです!」

『うれぴ〜』と書かれたボードを見せる

ひか「うれぴ〜。」←世界一かわいい

ひか「え、いのちゃんと2人ってあんま想像つかない…まあラジオやってるけどね、ふたり。」

ゆや「あ、やってるね。」

あり「あと一応ドラマも一緒にやってんじゃんふたり。」

ひか「あ、そうだー!」

いの「あ、ドラマ一緒にやってる!」

ひか「やってるわ。」

いの「おーじゃあ久しぶりだね。」

ひか「そうだね。じゃあまあ、レゲエかな?やるのは。

JUMP「(笑)」

いの「あるいは、カントリーミュージック

ひか「あぁ、いいね。カントミュ、カントミュやっか。カントミュ。」

いの「カントミュやろうか。」

ひか「うん。」

あり「ゆるいな、ふたり。」

 

まず(ο^w^)うれぴ〜 ←死ぬほどかわいいです。

そして前のユニットでありやまが「ドラマ一緒にやってるからね〜」って話してるのにドラマ一緒にやってたことを思い出せないいのひか。

特に光くんの頭の中では「いのちゃん=らじらー」「いのちゃん=口説き強い」*3が強いです。数々の紙媒体でも「いのちゃんは口説き強くていつも負けるの」って語る光くん。みんな負けてること知ってるけどかわいいから許す。もっと喋って。

「久しぶりだね」って伊野尾くんゆってるけどらじらーは毎週やってるんだよ?という距離感がまたたまらない。

そしてゆる〜〜〜〜い会話がたまらないです。レゲエとかカントミュとか一抹の不安がよぎりますが、いのひかがふたりで歌ってるというそれだけで私の心は満たされます。

そしていつだって突っ込んでくれる大ちゃん。大切なことはいつだって大ちゃんが教えてくれます。

 

負けが決まり、MV撮れないこと決まったときの感想

ひか「もうこれやっぱ、いい、いいレゲエの曲を作るしかないな、うん。レゲエやるしかねえよ、もう。」

いの「PVも自分たちでお金出すんで、作ってください。」

ひか「こうやって…(自撮りしてるジェスチャー)」←天然

あり「自主制作!自主制作!」

ひか「お願いします。あはは」

 

レゲエ志望忘れておりません。一抹の不安が大きくなります。

そして自分たちでお金出すんで、ってゆう伊野尾くん大好きな伊野尾くん。むしろ私がお金出しますよ!!!てかオタクみんなお金出します!!!

ガヤ芸人岡くんもありがとうございます!!

最後の光くんの「あはは」は世界一かわいいです。

 

 

 

JUMQでは、光くんの歌ってる部分が流れたのにその曲名が一切わからない光くんだとか、「『〜ではない』は○か×か」という問題で「〜ではない」という答えなら○と答えなければならないのに×と答えようとするばかかわいい光くんに優しく教える伊野尾くんだとか、いのひかがたまらなく収録されており、もうまるっとこの円盤は永久保存版でございます。JUMQのソロアングル欲しい。余すことなくいのひかを堪能したい。

 

最初は1位だったのに、最後最下位なあたりめっちゃいのひか。欲を言えば、MV欲しかった…。もっと言えば、レコーディング風景も欲しかった…。いのひかユニットというだけで幸せなのにもっともっとと望んでしまう。人は貪欲な生き物です。

 

 

 

らじらー 2016.05.14

 

 お便り:特典のDVDで次回のアルバム曲のユニットが決まりましたね。いのひかコンビでどんな曲をやってくれるのかすごく楽しみにしてます。

ひか「そうだよね〜。いのちゃんと俺になったんだよね。」

いの「そうですね〜。ファンの方はこう毎回こう知ってるかもしれないですけど、毎回ねこうアルバムの中でHey!Say!JUMP9人いるんですけどその中でユニットを組んで曲を一曲やるんですけど、今回光と、私の2人で。」

ひか「ね。らじらーコンビが。」

いの「はい。w」

ひか「あははは。」

いの「どんな曲やるかねえ〜。」

ひか「どういう曲やろうか。」

いの「楽しみですね〜。」

ひか「まぁ特典映像の中ではなんか、レゲエやっちゃう?みたいななんか変なノリで言ってたけど。」

いの「あはははは。」

ひか「まあ実際…」

いの「まあね。みなさん楽しみにしていただけたらと思います。」

ひか「そうですね。やるからには神曲を作りましょう。」

 

神曲を作りましょうって言ってるいのひかよ…。 いのひかが二人で歌ってるということが私からしたら神曲なんだけど、二人でどういう風にしようか~って笑いあってる姿がたまらない。「どういう曲にしようか~」って言いあってる姿がなぜ後世に映像として残されないのか不思議でたまらないけど、レコード会社さんもこの姿を映像として残さなかったことはそのうち後悔しだすに違いない。遅いよ。どれだけの価値があると思ってるんだ!!!ああ、いのひかが「どういう曲にしようか~」って笑いあってる世界にアーメン。

 

 

 

6/14 曲名解禁

 

6/14に曲名が解禁されました。

曲名はなんと、『今夜、貴方を口説きます』

いのひかの担当するラジオの定番コーナー*4の名前です。

もう本当にいのひかの中で「いのひか=らじらー」なのが感じとれます。ダークシステムに関してはほぼ皆無でございます。でもダークシステム期の「緊張する〜( ;  ; )」な伊野尾くんが光くんがいることによって緊張がほぐれるといったような、いのひか厨やってて萌え死ぬようなエピもあって新規ながらにも私はダークシステムの話もっと聞きたいなあなんて思ったりもします。

まあですが、この題名が決まった時点でいのひかはふざけてくるんだろうなあ!!!!と期待がとまりませんでした。いのひかユニットが決まってから、毎日いのひかユニットについて考えてて、踊るかな、楽器かな、ふざけるかな、と考えるだけで楽しみが溢れて止まらなかったんですけど、題名が発表されただけでもっともっと想像が膨らみました。

口説いてくるの?もの口説くの?毎回ライブごとにアドリブあるんじゃないの?ともうさらにいのひかユニットについて毎日考えてまいりました。なんて楽しい毎日…。

でもさすがにここまでがっつりかぶせた題名にしてくるなんて思ってなかったから、無駄に不意をつかれたし、いのひかへの大好きが止まりません。本当にどうしてここまでかぶせようとしたのか…題名のあっさり決まった感がとてつもなくカワイイ。私もその題名決まる瞬間に立ち会いたかった。その部屋に置いてある観葉植物とかになって立ち会いたかった。しかも観葉植物なら光合成を行って私が作り出した酸素でいのひかが生きていけるなんて…私決めた、観葉植物になる。私を飼って♡(痛い)

 

 

 

らじらー 2016.06.18

 

お便り:ユニット曲のタイトルが『今夜貴方を口説きます』でこの番組の名物企画じゃないですか!楽しみにしてます!

ひか「そうなんですよ。いのちゃんと俺がね、ユニットを組むことになって、で、いのちゃんが、ねえ、あのすぐアイデアが浮かんでね。」

いの「そうだね。なんかこう…2人でやるってなった時に、なんかねちょっとパーティーソングじゃないけど、」

ひか「うんうんうん。」

いの「こう、やっぱ口説くにもかけたいなって気持ちはあったんだけど、」

ひか「そうだね。」

いの「やっぱりこうパーティーソングでありつつ、なにかこうラジオの企画にもからめつつ、インスパイアを受けてやりたいなみたいな。」

ひか「最初は2人でなんか色んなタイプの女の子を口説こうっていう話にしてたんだけど、だったらもうらじらーに寄せて、ものを口説こうっていう風になってるんだよね。」

いの「そうですね。Aメロはすごい私が我儘を言って、」

ひか「そうそうそう。」

いの「何度も何度も、こう、」

ひか「ちょっと際どいワードを」

いの「そう、やり直していただいて、こうね、書いてもらったんだけど、中々楽しい曲になってますよね。」

ひか「結構楽しいし、サビはめちゃめちゃカッケー。」

いの「あのね、曲がかっこいいの。」

ひか「かっこいいのよ!」

いの「この曲かっこいいよね。」

ひか「ふざけてる割には無駄にかっこいいんですよね。」

いの「だからなんというんですか、その、不思議な感じにはなりましたよね。」

ひか「そうだね。」

いの「かっこいい曲なんだけど、ちょっと口説いてるこう面白さもあるし、」

ひか「そうそう。結構ね、口説きのコーナーでもあまり言わないちょっと攻めたワード?とかも入ってたりするので、そこらへんも聴きごたえがあるんじゃないかと。」

いの「是非みなさん、アルバムね楽しみにしていただけたらと思います。」

 

すぐにアイデアが浮かんだ伊野尾くん~!!!!!そして曲はかっこいいと言い合ういのひか。いのひかが歌うんだからそんなの森のくまさんでも超かっけー曲になるよと私の中のモンペババアがここぞとばかりに顔を出してきますが、かっこいいんだよね~と言い合ういのひかがもう大好きで大好きで。そして伊野尾くんが我儘を言ったという歌詞。伊野尾くんのこの曲に対するこだわりだったり、2人でするならどうしたいっていうイメージだったりが明確になっているんだろうな、と。それについていく形の光くんは、伊野尾くんに一目尊敬をおいているのがわかるし、信頼しているんだろうなあと思うと尊くてたまりません。(合掌) 

 

お便り:以前レゲェとかカントミュやるとか言ってましたけどどんな感じになったんですか。

いの「レゲェとカントリーミュージックはやめましたw」

ひか「やめました(笑)えーその、その場のあの適当な感じですね。」

いの「曲自体は結構…」

ひか「曲はね!あの」

いの「かっこいいよね、かっこいいしちょっと…」

ひか「選曲、選曲は僕やらしてもらって」

いの「そうそうそう。」

ひか「結構マジなかっこいい曲にさせてもらって、で、その言葉のワードとか、際どいものは伊野尾さんがねビシバシと。」

いの「ビシバシと(笑)」

ひか「歌詞かく人にね、ビシバシと。これをいれてほしいあれをいれてほしいつって。」

いの「(笑)」

ひか「でなんかね、もうマスタリングしてるらしいのよ曲も。マスタリングしてる男性の人とか、スタッフさんとかも、みんなゲラゲラ笑いながら曲を聴いていたということで、もうこれは神曲できたなと思いますよ。」

いの「いや楽しみだよ。俺コンサートでやるのがやっぱり楽しみだよね。」

ひか「そうだね。もう、もう衣装の話とかしちゃってるもんね、俺ら。」

いの「まあね、」

ひか「こういうの着たいとか。」

いの「衣装ねどんなになるかまだわからないですけど。」

ひか「はい。楽しみにしていただけたらなと思います。」

 

レゲェとカントリーミュージックのあのノリをその場の適当な感じで言ってるのにめっちゃ息が合ってるの大好きないのひかだよーー!!!一緒におふざけするいのひかはもう涙が出そうなくらいまるっと愛おしいです。そして選曲は光くんが、という新情報。光くんが選ぶマジなかっこいい曲というだけでもうドキがムネムネだし(古い)伊野尾くんもすぐ受け入れたんだろうなっていう光景が愛おしい。「神曲ができたと思う」って話す光くんも「やっぱりコンサートでやるのが楽しみ!」って話す伊野尾くんももうこの曲に対する愛情がたくさん感じられてハイパーミラクル嬉しいです。衣装まで話しちゃってるいのひかちゃんベリーベリーソーキュートプリティ~~~!!!!!

 

そして他にもこのユニット曲に対するメールがたくさんきて、それに対して「コンセプトからばちっと決まってね」と話す伊野尾くん。ありがとうございます。NHKのスタッフさんも大喜びしてくれたそうです。ありがとうございます。(泣)そしこの日は伊野尾くんのバースデー回ということで伊野尾くんの誕生日に絡んだ企画が多く終始伊野尾くんのテンションが高いです。最アンド高です。私の中でこの日のらじらーは神回で今でも定期的に聞き直します。(どうでもいい情報)

 

 

 

テレビガイド6/18→6/24

 

光の夏

ひか「今回はいのちゃんとユニットがあるので、どういう形にできるのかも楽しみです。」

 

吹き出しに入るサイズの一言コメントで伊野尾くんとのユニットについて言及してくれています。ちなみにJUMPでただ一人光くんだけがユニットについての話をしてくれています。楽しみだよね、ってこっちまでにこにことしながら読んでしまいます。そんなところもたまらないです。吹き出しサイズの短いコメントなのに、伊野尾くんとのユニットについて話してくれてありがとう!!!おかげでいのひか厨昇天!!!

 

 

 

テレビガイドプラス vol.23

 

ツアーの話

ゆと「舞踏会?みたいな感じなんでしょ?」

やま「そこは来てのお楽しみだね。」

ひか「俺はいのちゃんとのユニットも楽しみだな。」

 

伊野尾くんとのユニットの披露を楽しみにしてるひかちゃん……!!!!!!!ツアーの話してる中にひょっと「俺はいのちゃんとのユニットも楽しみだな。」ってだけゆう光くんかわいすぎでは…………?いきなりぶっこんでくるの可愛さ無限大では………??愛のひかにゃんミサーイル!ぶーーん!!!って感じです。楽しみなんだね、楽しみなんだよね、楽しみだよねえ!!!わたしも!!!

 

 

 

JUMPaper*5 7/17 八乙女光

 

アルバムはねー、ひかの好きな曲たくさん入ってるよ!滲み出る大人のフェロモン的な曲とか、今夜アナタを口説いちゃうような神曲とか、あとは今夜貴方を口説いてまうやろー!みたいな神曲とか〜、

 

あとはね、キノコとの曲で今宵ソナタを落とすなりよ的な神曲とかー('A')

 

糖度1202%

一人称ひかに爆萌え。キノコ呼び爆萌え。

要するに、伊野尾くんとのユニット曲が楽しみなんだよねええ〜〜〜〜〜!!!!!

やっぱり光くんからはユニット曲楽しみ!という気持ちが様々な媒体で発言してることからたくさん伝わってくるので、もういのひか厨622122回死んで生き返れます。(ゾンビ)

 

 

 

らじらー 2016.7.23曲解禁

 

この日は27時間テレビの中でのらじらーです。そしてこの日に!!!今夜貴方を口説きますを初解禁です!!!フジテレビでNHKのラジオを収録するというカオスなあたりらじらー大好きです。「今夜貴方を口説きます」のコーナーの勝者がかける曲の後に流れました。

 

いの「さあ~なんと、みなさんお待ちにしていた曲です。」

ひか「はい。」

いの「このコーナーからね、曲ね(笑)」

ひか「曲がでちゃいましたよ、ついに。」

いの「まだでてないですからね。」

ひか「はい。」

いの「アルバムに収録されているということなんですけれど。」

ひか「できました。なんと僕たちが約1年以上かけてずっと口説き続けてきたコーナー『今夜貴方を口説きます』がなんと曲になっちゃいまちた~(甘噛み)」

いの「なっちゃいまちたね~?」

ひか「へへ、なっちゃいまちたって言っちゃった(笑)なっちゃいました~。」

いの「今日はらじらーのリスナーさんにいち早くお届けしますということで。」

ひか「はい。」

 

なっちゃいまちたね~~~~♡♡♡うんうん♡♡♡キャアワイィネエ~~~♡♡♡というくらいにはモンペ爆発しました。口説きます解禁というだけで1日中ルンルンで過ごしちゃうようなオタクなので曲かかる前にこんなぺろい光くんもらえて、自分こんなに幸せでいいのか…?って感じです。伊野尾くんもいつもスマートに直すのに「なっちゃいまちた~?」ってなんだよ!!可愛いかよ!!(号泣)幼稚園児に接するみたいになっちゃう伊野尾くん…(号泣)これがひかにゃん(5)の力か…(号泣)

 

 お便り:レコーディングの内容がどんなものだったのかぜひ教えてほしいです

ひか「そうだねえ。結構、あの僕がどっちかというと曲を選んでやったりというか、選曲をして、いのちゃんがこう歌詞にこだわったというかね。なんだけど、歌詞は攻めてありますよ結構。」

いの「かなり攻めてますよ。レコーディングはね、こう2人で一緒にやる瞬間もあったりとかして、まあ曲…」

ひか「あ、あとあれだね、女の子の声が入ってるんだけど、実はそこにもいのちゃんと俺の声が」

いの「あーそうね!声入れてもらってもらってますね。」

ひか「入れたりとか。」

いの「うすーくね、入ってますから。いや~…」

ひか「歌詞とかどうですか?いのちゃん」

いの「あ、歌詞ね(笑)これどこまで触れていいの?もう触れていいの?全然。いや、Aメロ、」

ひか「はい。」

いの「口説いてますねえ。」

ひか「口説いてます。」

いの「Aメロ、」

ひか「スポンジ口説いてます。」

いの「ね、Aメロ2人口説いてるね。2つ。Aメロ2つ。」

ひか「はい。」

いの「で、Bメロで1つ、2つ。Bメロで2つ口説いてますね。」

ひか「はい。」

いの「そしたらもう、Aメロで2つ、Bメロで2つ口説いてますから」

ひか「そうそうそう。で、サビがいきなり、なんかね、」

いの「かっこいいんですよね。」

ひか「かっこいい。キャッチーです。」

いの「キャッチーで、すごいかっこいい。いや~~~早く聴いてほしい!もう流す!?」

ひか「そうだね(笑)流そう!」

いの「もう流そっか!」

ひか「流そっか!お待ち、お待たせしました」

いの「それではお聴きください。伊野尾慧・八乙女光で『今夜、貴方を口説きます』」

 

曲流す前のネタバレがすごい!!!!!!早く流そうぜ!?!?!?光くんとかもう「スポンジ口説いてます」ってそれ…言っちゃってるぅ!!!!一回「どこまで言っていいの?」で確認とってここまでバラしちゃういのひか可愛すぎか。そして最後には「あ~~~聴いてほしい!!聴いて!!」なのたまらないし、最後の最後に噛んじゃう光くんがどこまでも光くんで抱きしめたい。

 

曲終わり

ひか「…さあ(笑)という曲でございます。」

いの「さあこの曲もね、たくさんの方からリクエストをいただいております。」

名前紹介する

いの「改めてらじらーで聴いた感想いかがですか?」

ひか「そうだね、イントロとサビ大好きなんだよね、俺この曲。」

いの「あはははは。」

ひか「俺それだけで、この曲にする!って決めたから。」

いの「あ~キャッチーですからね。わたくし~がかなり口出したAメロはハチャメチャにして」

ひか「ハチャメチャにして。」

いの「いただきましたけどみなさんどうですかね。」

ひか「そうだね。」

いの「良かったんじゃないですかねえ。なんかこう…」

ひか「過激な歌詞でしょ?結構。」

いの「そうですね、全身濡らしてあげるってどういうことだって、光なんてすごい、もっと縛ってもいいかいって何言ってんだって話だからね。」

ひか「結構、俺腹の底から歌ったからね。むおっっっとぉ(もっと)縛っても♪って、すげー腹の奥から、」

いの「どんだけ縛るねんって話ですよ。」

ひか「歌ったからね、レコーディングん時。」

いの「2番のもね、またーあのかなり、」

ひか「2番も楽しかったり、で、間奏とかにちょっといのちゃんと俺の声優が入ってたりとかね」

いの「あーそうだ、間奏も楽しいですから、まあこれここまでしか流せないのちょっとね、申し訳ないですけど、是夫アルバムの方買って聴いていただけたらなと思いますけど。」

ひか「はい、ありがとうございます。」

 

光くんが選曲したこの曲のイントロとサビが大好きな光くん。そしてそれを歌詞でハチャメチャにする伊野尾くん。自分で「どうでしたかねえ」って聞いた後に「良かったんじゃないですかねえ」って言ってるの果てしなく好きな伊野尾くん。そして光くんのこぶしの入ったむおっっっとぉ、が可愛すぎて可愛すぎて可愛すぎて、光くんというスウィーツでショートケーキ作りたい。そして光くんの「いのちゃんと俺の声優」発言の謎の深さが……違うよね……声優ではなかったね……微妙に違うね……抱きしめたい。

 

お便り:コンサートで聴くのが楽しみです。

いの「いや、コンサートでもね、是非さー、このみなさん女性のね、セリフのとこはね、自分がこうスポンジになってたりとか」

ひか「そうそうそうそう。」

いの「自分が腕時計になった気持ちで聴いてもらいたいわけ。」

ひか「だから一緒にコールをしてほしいんだよね。」

いの「そうそう。だから、もう、私がスポンジ!いや、いやいや!私がスポンジ!ぐらいの気持ちでみんなでスポンジの役を取り合うくらいの気持ちでね、聴いてもらったりとかコンサートで言ってもらえたらいいなと思います。」

ひか「言ってもらえると、もうすっごい楽しいと思うよ。」

いの「(笑)そうですね(笑)」

 

いのひかがこう言ってるんだから!!!!!!私は自分がスポンジだし!!!!!私以外のみんなタワシだと思ってるから!!!!!!よろしくな!!!!!!!ちなみに腕時計にもなれるタイプのスポンジだから!!!!!!私以外のみんなはリストバンドにしかなれないタワシだと思ってるから!!!!!よろしくな!!!!!!(誰やねん)

 

 

 

テレビガイド 7/23→7/29号

 

ひか「ユニット曲もやったね。」

いの「俺と光は、ラジオでやってる"モノを口説く歌"にしようってなったんだけど。」

ひか「俺が選曲担当で、いのちゃんの歌詞のこだわりがすごい。」

やぶ「家で知念と聴いてゲラゲラ笑ってたから。女の子は甘い言葉にキャーってなるけど、俺らはゾワゾワしていたたまれねーって(笑)。」

いの「最初、すごいかっこいいワードで詞を書いてくれてたんだけど、"もっと濡らすとか、縛るとか、ギリの言葉もほしい"とか言ってたら、高木が隣で聞いてて、「伊野尾くん、頭おかしいんじゃない?」って(笑)。」

ひか「女性を口説くのは恥ずかしいけど、モノを口説いてるから。みんなもやってみたら自然とこういうワードになるから(笑)。」

 

やっぱりアルバムの話でユニットの話題の話を最初にするのは光くんです。大好き。伊野尾くんプロデュースには、間違いはありません。絶大な信頼を寄せています。でも高木くんのその言葉も間違いありません。伊野尾くんが大体"ギリギリセーフ"って思っていることは、"完全アウト"なんです。そして女性を口説くのは恥ずかしいけどこれはモノだから!な光くんかわいすぎです。きっと脳内は(ο^w^)俺はモノを口説いてるんだ…人じゃない…モノなんだ…だからなにもアウトじゃない…大丈夫だ……… と思っているのでしょう。かわいすぎか…。Yes!*6を歌ってる時はあんなにも恥ずかしそうで、1年経っても「恥ずかしかった」と語るのに、この曲はにこにこと笑顔で楽しそうに曲紹介しています。伊野尾くんの話術に負けたか、単にバカなのか、モノだと言い聞かせているのか、どれだとしても可愛すぎるのでもうなんでもいいです。なによりこの曲を楽しそうに語る2人が大好き。「みんなもやってみたら自然とこういうワードになるから(笑)」の光くんから感じられるいのひかが同じ感情を共有してることにたまらなく湧くタイプのキモい方のいのひか厨やってます私。

 

 

 

 an・an   No.2014

 

いの「アルバムの『DEAR.』では、光と一緒に「今夜貴方を口説きます」という曲を歌っているんですけど、ユニットが決まった瞬間にコンセプトが浮かんだ。それこそ、NEWSの血液型をテーマにした「恋のABO」みたいな、わかりやすいコンセプトのある明るいパーティソングにしたくてそう提案しました。ユニット曲はいつも、JUMP全員ではできない、振り切れたことをやれるのが楽しい!」

 

伊野尾くんプロデュースには本当絶対的な信頼を置いておりますが、「ユニットが決まった瞬間にコンセプトが浮かんだ」って話してることが何よりも嬉しくて。レゲエかな?カントミュかな?とか私に一抹の不安を募らせるようなことを連呼していたけれど、伊野尾くんの中では、光くんとは楽しい曲がやりたいな〜パーティソングがいいな〜って思っていただなんて、もう嬉しいことこの上ない。それでもってあんなにも曲を楽しんで、楽しそうに曲紹介してくるもんだから、私はもう幸せです。

 

A型とO型は相性が良いと聞いて

ひか「いのちゃんとはラジオで組んでるし、今回のアルバムでもユニット曲を一緒に作る作業が楽しかった。確かに相性はいい気がします。」

 

なによりも2人の口から「ユニット曲楽しい」ということが聞けることが大好きな私は、同じ紙面の1人インタビューで各々が「楽しかった」と語っていることが嬉しくて嬉しくて。あ〜〜〜2人の制作過程の映像ないですか………いくらでも払えるんですけどどこですか………

 

 

 

会報 No.33

 

ライブで披露するのが楽しみなアルバム曲

いの「光とのユニット曲『今夜貴方を口説きます』は、お客さんが参加して成り立つようなコール&レスポンスを入れたいな。これ、最初は女性をホメていく…みたいな感じで話が進んでいくんだけど、「もうちょっと『らじらー!サタデー』のコーナーに寄せてもいいんじゃない?」ってことで、モノを口説く歌になったの。まぁ、モノに対してだからこそ許される、ちょっと大人っぽい言葉も使えたりして、「キャーッ!!」ってなるか、笑いになるのか、今から本当に楽しみ(笑)。」

 

ライブで披露するのが楽しみなアルバム曲で最初にあげるところにもう胸がぎゅーん。女性を口説くという設定からモノを口説くってゆう設定になったからこそ大人っぽい言葉を使うことが許されると話す伊野尾くん。うん…うん。うん…伊野尾くんのゆう"許される"レベルは"完全アウト"だということに伊野尾くんは気づいてほしい。だけどそんな伊野尾くんが大好きだから一生気づいてるけど気づいてないふりして突っ走ってほしい。そして他の曲を挙げずにユニット曲の話だけで終わるところに本当に楽しみにしていることを感じてもうこっちまで胸がいっぱいになります。

 

ライブで披露するのが楽しみなアルバム曲

ひか「伊野ちゃんと組んだ『今夜貴方を口説きます』は、ラジオのコーナーを元に作った"モノを口説く曲"(笑)。俺が選曲して、伊野ちゃんが歌詞のだいたいのテーマを決めて、衣装はふたりで考えて、最初っからライブでやることを目標に作った曲なんで、ライブ映えすると良いなぁと思ってます。でもまぁ、他のユニット曲はカッコいいのばかりなんでうちらの曲は箸休め的な感じになればイイんじゃないかな。」

 

ひかちゃんが最初に挙げたのは『Tasty U』という曲だけど、ユニット曲の話がたくさんで楽しみなこと伝わってくるから結果幸せ。(ちょろい)ひかちゃんは本当にユニット曲を語る際に「俺が選曲、いのちゃんがワード」という話をかなりの確率でしてきます。"曲調自体はカッコイイ曲"の選曲は俺がしたんだぞ!感がたまらなく大好きです。そうだね、かっこいいね、さすがだね、すごいね!!!衣装をふたりで考えたっていうのもふたりでライブを想像しながら曲作ったていうのも全部全部幸せです。制作過程の映像はどこですか……………(n回目)そして、話のくくりとして自分らのユニット曲を「箸休め」という言葉で表す光くんは大好きな光くんだなあ。そうゆう曲を作るいのひかの空気感が好きです。だけどひかちゃん。他のユニット曲はかっこいいのばっか、てゆってるけど、『僕とけいと』*7っていう糖度113041%の脳みそがドロドロに溶けそうな天界の歌の持つ攻撃力を考えて。ドローです。

 

 

 

TV station 2016年16号

 

アルバムの話で

やぶ「あと、やっぱり目玉はユニット曲だね。いのちゃんと光の2人は、「今夜貴方を口説きます」でしょ。」

ひか「いのちゃんと僕がラジオで物を口説くコーナーを毎回やっているから、それにちなんだ曲で。コンセプトや歌詞、セリフはいのちゃん担当で選曲は僕が担当した。かなりふざけてる曲じゃない?」

いの「Aメロ、Bメロと進んでいくごとにどんどん物を口説いていく展開なんだけど、ちょっぴりエロくてくだらない(笑)。一番楽しかったのは、右から〜♪左から〜♪ってお遊び的なコールを入れる部分。」

ひか「そうそう。いのちゃん案のコールは、スピーカーで遊んで録ってみようってことになって。レコーディングも一発OK!」

いの「曲自体はカッコイイから、ライブで披露したら、キャーッてなるのか笑われるのかどっちだろ?」

やぶ「どうだろ。2人は女性を口説くより物を口説くのが得意なんでしょ。」

ひか「そう。物を口説くプロなんで女性となるとまた難しいのよ(笑)。草食っぽくて、自分から言えないから、女のコの方から好きって言ってほしい、って歌う曲なんでね。」

やぶ「なるほどね。俺もキメゼリフを言う場面では「…」ってなりそう(笑)。」

いの「俺は肉食系だから違うよ?」

ひか「あはは。いのちゃんはラジオでもリスナーから、「いのちゃん好きです!」って言われたら「俺も好きだよ♡」って言えるから、草食系ではないか。」

 

お遊びコール!!!伊野尾くん案です!!!

さすが合いの手の神。伊野尾くんのコールはいつだって間違いないです。*8レコーディング一発OKなところがなんともいのひからしい。おふざけをやって一発でキメちゃうところが大好きすぎます。そして、俺は肉食系だから違うよ?の伊野尾くんの言葉に、確かに自分にできないことできるし違うか…ってなる光くんちょろすぎかわいい。光くんが伊野尾くんに話術で勝てる日は永遠に来ません。そして自分のこと「物を口説くプロ」って語る光くんあほかわいい。ただ物を口説いてる回数が一般男性より多いだけ(というか一般男性は物を口説かない)だけなのに「プロ」まで昇格しちゃっててかわいい。でも光くんが言うんだから光くんは物を口説くプロで間違いない!!!!!伊野尾くんは物を口説くマスターかな????(モンペ)

 

 

 

LIVE TOUR 2016 DEAR. ツアーグッズのパンフレット内の対談

 

1ページ丸々いのひかユニット曲についての対談が載っているなんとも私得な3000円では安すぎるレベルのパンフレットです。そしてもれなくみんなビジュアルがいつもの5割増し。コスパ良すぎっす。ページまるまるユニット曲についての対談なので、今までにあんま話されてなかっただろう部分と私の好きな部分を抜粋します。

 

ひか「5曲くらいかな。その中で『あ、これなら思い描いてるものと近い!』感じたものを選んだ。」

 いの「俺も光から『これはどう?』って送られてきた曲を聞いたときに『お!これいい!!』って思った。で、そのあとに歌詞の作成に入って…。」

ひか「うん。歌詞は”俺たち、なんだかセクシーなこと言って口説いてるけど、あくまでもモノに対して言ってるだけですよ”ってことにしたかったんだよね。」

いの「思わせぶりな歌詞で振り切ってはいるけど、”モノ”っていうフィルターが挟まることでセーフになるっていう(笑)。Hey!Say!JUMPではできないことをしたかった。だから、妙に俺が歌詞にこだわっちゃって…。」

ひか「そうそう、メラメラに燃えてた!(笑)」

 

選曲は光くん、歌詞は伊野尾くんって分かれてる所がなんともいのひかで大好きなんですけど、「これはどう?」「お!これいい!!」の会話が大好きすぎて…。いのひかの中で2人でやる曲のコンセプトであったりふんわりとしたイメージがしっかりと一致しているところが大好きすぎるし楽しすぎます。だからやっぱりその映像がどこにもないのはおかしいと思うんですが、もはや2人しか知らない世界って言い換えると超ミステリアスでなんかもう許せちゃいます。(ちょろい)”モノ”というフィルターが挟まることでセーフになると思っている伊野尾くんについてはもう何も言いません。

 

いの「今回は、歌詞に対して意見も言わせてもらいました。俺、普段はあまり言わないほうなんだけど、この曲はこだわりたかったから。結局、2回ほど調整をお願いしたのかな。真剣なトーンで伝えているんだけど、内容自体は相当くだらないことだから、周りから見たらおかしいみたいで。1回、俺が楽屋で『「私はスポンジで~す」とコールで入れてほしいんです』みたいな話を熱っぽく話していたら高木から「伊野尾くん、なんの話してんの?」って不思議そうな顔で聞かれた(笑)。」

ひか「アハハハ!あんなに歌詞に意見を出すいのちゃんを初めて見たから新鮮だったよ。」

いの「結果、かなり攻めた内容になっちゃって、光の顔を若干、引きつらせてしまったという…。」

ひか「う、うん(笑)。確かに最初は『え、それ大丈夫なの!?』って思ったけど、いのちゃんが『(対象は)モノだから。モノだから、これは!』って真剣な顔で何度も言うから、『そっか、そっか。この歌詞を違う意味でとらえる俺が悪いんだな』って納得した(笑)。それにレコーディングでは結局すごいノリノリで歌ったしね、俺。」

いの「光が『いい感じになったね』って言ってくれたときは、本当に安心したよ。」

 

普段はあんまり言わないけど、「この曲はこだわりたかったから」って話す伊野尾くん。Hey!Say!JUMPでは出来ないことをしようとこだわる伊野尾くん。大好きな2人が2人だけの曲を歌って、そのプロデュースの過程で「こだわりたい」って思ってくれてるなんてもうこれ以上の幸せはありません。そして「これ大丈夫なの!?」ってなっても伊野尾くんが「モノだから!!」って言うことによって「そっか、変な風にとらえる自分が悪いのか」ってなる光くんちょろすぎて可愛い。しかも結局ノリノリでレコーディングしちゃってるのさらに可愛い。光くんが話術で伊野尾くんに勝てる日はきっと永遠に来ないし、伊野尾くんに対してすごい…!そうだ…!ってなる光くんは大好きな光くんで、大好きないのひかなので、これからも光くんには伊野尾くんの話術に言い負かされて欲しいです。正直光くんの感性が一般人のもので「大丈夫なの!?」という感情を抱くことは何一つ間違いではないのだけど、私の大好きないのひかが見られるので、光くん以外のひとは誰一人として光くんに「その感性間違ってないよ。」って伝えるのやめてくださいね。みんな光くんには「これ、モノだから!」って伝えるんですよ。わかりましたか?約束破った人にはこんにゃくでビンタしにいきます。

 

ひか「しかも、一緒に録った部分が一発OK!」

いの「そうだった、そうだった!」

ひか「2人でニヤニヤしながら録って。」

いの「楽しかったよねー!」

ひか「言っても、1人のときもノリノリだったんだけども(笑)。」

 

はあ。すき。この会話してる2人想像出来すぎるし大好きすぎるしニヤニヤしながら見ちゃうんですけど、この映像はどこで見ることができますかね?

 

ひか「あと、女のコの声で入るコール部分には、実は俺ら2人の声も入っているんだよね。」

いの「わざと女性のキーに変えて混ぜちゃった。」

ひか「自分で加工した声を聞いたときは大爆笑したよ。『こんな感じになるの!?』って。また、間奏のセリフ部分の歌詞を考えてくれたいのちゃんが冴えていてね。」

いの「『口説きまとぅ!』のとこね(笑)。」

ひか「そうそう!」

いの「俺、正直このコピーが浮かんだときに『天才なのかもしれない』って思った。」

ひか「確かに(笑)。」

いの「で、光も考えてくれたところがあるんだよね。」

ひか「『口説くに決まってんだろ』って部分ね。ここは男っぽくいこうかなと。」

いの「このセリフの部分は、1人ずつ別々に言ったほうがいいのかなと思っていたんだけど、光から『2人で言ったほうがよくない?』って提案されて。実際に録ってみたら、本当に2人のほうがよくなった!」

ひか「より破壊力が出たよね(笑)。」

 

加工した声聞いて爆笑してるいのひかよ…。そして間奏のいのひか部分を2人で考えてるのも大好きだし大好きだし大好きだし!!!(語彙力皆無)「天才なのかもしれない」って思った伊野尾くんに「天才ですよ」って耳元で囁いてあげたい。それから商店街を「伊野尾くんは天才ですよー!!!」って言いながら走り回りたい。光くんもアイデアを出して出来上がったこのユニット曲の間奏部分…大好きが過ぎる…

 

ひか「俺ら、もうステージ衣装も大体決まっているからね。進行が早すぎて周囲から『待って、待って。まだ早い!』って言われちゃうくらい(笑)。もう、ほぼほぼ2人の中での演出のイメージが固まっている状態。」

いの「固まっているよね。演出について、俺が最初に伝えたのは『この曲では、ダンスを踊りたくない』っていうこと。というか、踊りたくないって本来アイドルとして、あるまじき言葉だよね(笑)。」

ひか「でも、俺もそう思ったよ!この曲は踊るんじゃなくて、むしろ堂々と歌っていたいというか。」

いの「そうなんだよね。どちらかというと優雅な王子様みたいなイメージなの。で、サビ部分では結構キャッチーな曲調になるから、みんなで踊れるような手の振り付け取り入れたい。」

ひか「コール&レスポンスも楽しみだね。」

 

進行状況が他のユニット曲に比べて先いきまくってるいのひか。それくらい2人の中でユニット曲について話し合ってるうちにお互いに同じイメージが浮かび上がってるんだろうなあ。それはやっぱり、仲がいいとかもあると思うけど、付き合いの長さとかも関係してるんだろうなあ、と。長年近くで芸能界でやってきてお互いに信頼とかもあって、って考えていくうちに時の流れにも尊さを感じてやみません。いのひかForever。(語彙力)そして踊りたくないで意見が完全一致するいのひか。アイドルだけどJUMPの中で「俺らダンス覚えるの遅いよねえ~」と話すグループの芸歴が長いワンツー。ダンスが嫌だったんじゃ…?と思ったりもするけど、2人の中では、ユニット曲について話し合ううちにお互いに同じイメージが浮かんでるという証なんだろうなあと。大好きです。コール&レスポンスが楽しみだよね、と言ってる光くんですが、これめっちゃ楽しいです。胸張って言えます。コール&レスポンス楽しいです。楽しすぎるからもう1回言っときます。コール&レスポンス楽しいですよ。

 

ひか「正直、最初は『いのちゃんと何をやるといいんだろう』って、まったく想像がつかなかった。2人とも楽器をやってはいるけど、それをこのユニットでやっても似合わないような気もするし…。でも、結果的にこんなにノリノリの曲を一緒にやることができて本当によかった。『ライブで早くやりたい!』って思うくらい本番が楽しみになったよ。」

いの「俺も。ユニットが決まった頃はただ漠然と『パーティーソング的なものがしたい』というふうにしか浮かんでいなかったんだけど、光が曲を選んでくれたことで一気にイメージが固まった。逆に一緒に選んでいたらこの曲にはならなかったかもしれないし、俺もあんなに歌詞に熱を入れなかったかもしれない(笑)。」

ひか「ラジオのイメージが強いコンビだとは思うけど、この曲を通して、2人にもこういう音楽ができるんだなって思ってもらえたら、うれしいです!」

 

最初なにやるか全くイメージが浮かばなかった光くんと漠然とイメージが浮かんでいた伊野尾くん。光くんが選曲、伊野尾くんが歌詞と分けたプロデュース。出来上がっていく過程で、伊野尾くんと光くんの脳内でのユニット曲のイメージが一緒になるいのひか。全部大好きないのひかだなあと。程よい距離感から出来上がるユニット曲がこんなに楽しいもので。選曲と歌詞を練った人が違うのにここまで楽しい曲ができるなんて。間奏の部分の遊び心から出来上がったようなセリフ部分は、休み時間にはしゃいでるようないのひかで。あぁ~いのひかの空気感が大好きだなあ~2人の関係性が大好きだなあ~と改めて思わざるを得ません。そして「ラジオのイメージが強いコンビ」って1番思ってるのは間違いなく光くんです。いのひか=ラジオしか脳内にない伊野尾くん光くん大好きなのでこれからもその距離感でいてほしいです。

 

 

結局かなり抜粋してしまったけど、大好きないのひかが詰まりまくった対談1ページは永久保存版です間違いなく。

 

いのひかの絡みが絶対的に約束されるユニット曲をくれた2016年夏。一生忘れません。いのひかがお互いに向かい合って話し合って作り上げてそれを引っ提げてツアーする2016年。最高です。この先のユニット曲でも伊野尾くんは素敵すぎる才能を発揮するのだろうし、毎回大好きなユニット曲を提供してくれるのだと思います。でも、いのひか厨として、発売される雑誌をチェックする度、どんなシチュエーションなのか想像する度、話し合ってるいのひかを想像する度、ラジオでいのひかがユニット曲について話す度、いのひかが大好きだと再確認したし、なにより楽しかったです。こんな楽しいひと夏を一生忘れないだろうし、2016年に感謝です。とはいってもまだまだライブは残っているし、いのひか絡みはユニット曲以外でもたくさんあるので!!!大好きないのひかをこぼすことなく全部堪能していきたいと思います。いのひか厨の備忘録にお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

あーーーーーーー!!!!!!いのひかが好きだーーーーーー!!!!!!!!!

*1:過去のブログ、Twitterより

*2:2014年より

*3:ラジオ内にものを口説くコーナーあり

*4:ものを口説くコーナーです。光くんが異様に弱い。

*5:JUMPメンバーが週代わりで担当しているブログ

*6:2年前のユニット曲で、エロ代表の山田くん高木くんと歌うかなり激しめのエロい曲

*7:知念くんと圭人くんがわーいわーい!ってしてる天界に存在するユニット曲

*8:2年前のユニットでも合いの手担当。去年のユニットでもライブで合いの手。基本合いの手。